施設概要

八重瀬町バイオガスプラント

八重瀬バイオガスプラント施設概要

原料・処理能力 乳用牛のふん尿が主な原料、一日の計算処理量は30t(成牛換算で380頭が排出するふん尿に相当)
発行方法 嫌気性発酵(中温)
主要施設 メタン発酵槽・ガスホルダ・バイオガス精製設備・液肥貯留槽等
バイオガス
製造量
メタン含有量60%のメタンガスを一日当たり405N㎥ / 日 (発熱量9.0GJ / 日)製造
営業時間 8:15~17:15(日曜日を除く)

バイオマス発電所

発電事業者 八重瀬堆肥センター
施設名称 八重瀬町地域循環型バイオガスシステム
所在地 沖縄県島尻郡八重瀬町富盛1615-1
発電規模 25kw
年間発電量 約20万kWh
使用燃料 メタンガス
発電開始 平成30年からの予定
お問合せ先 八重瀬町役場:098-998-4624

事業内容

  • 堆肥・液肥
  • バイオガスプラント
  • 産業廃棄物収集運搬業

お問い合わせ

堆肥・液肥、バイオガスプラントについてなどお気軽にご相談ください。

詳しくはこちら